雑誌と女性の写真

性病には色々と種類があります。現在では若い女性に性病が急増しているようです。特に10~20代では無症状感染が多く感染に気付かずにパートナーにうつしてしまっているようです。こちらでは女性に多い代表的な性病をご紹介していきたいと思います。

腹痛を引き起こす性病に海で感染することはあり得る?

海水浴は夏のレジャーの主役と言って良い存在です。
中には海が好きで夏ではなくとも足を運ぶという人もいるでしょう。
ただ中には水中という環境で感染を広げる性病もあります。
特にトリコモナスという原虫、非常に小さな虫が体内に入り込むことによって引き起こされる膣トリコモナス症などは水を介して感染が広がることがあるのです。
膣トリコモナス症の主な症状としては悪臭の強いおりものの増加や外陰部や膣の強いかゆみと痛み、中には腹痛を引き起こすというようなものもあります。
かつてと比べれば感染報告が少なくなってきているとはいえまだ完全に根絶されたわけではありませんから、こういった症状がみられた場合には早期に専門医を受診して治療に取り組むようにしなくてはなりません。
実際のところ海で感染するケースはほとんど無く、せいぜいタオルや水着の貸し借りを行った際に感染する可能性がある程度でしょう。
ただこれがプールなどになると感染する可能性が少々高くなってきます。
特に温水プールなどになると水温が高いために原虫や真菌などが活動しやすい環境が作られる可能性がありますし、また友人間ということでタオルの貸し借りをするケースが多いのですが、こういったことで性病感染が広がる可能性も少なからずあるのです。
性行為による感染拡大と比べれば微々たるものではあるのですが、それでも注意するに越したことはありません。
中には自覚症状がまだ出ていない状態の人もいますから「症状が無い人同士ならタオルを貸し借りしても安心」ということはありません。
もちろん病的に気にする必要はないでしょうが、そうした可能性はあるということを踏まえ、なるべくタオルは自分専用のものを使うように心がけましょう。