雑誌と女性の写真

性病には色々と種類があります。現在では若い女性に性病が急増しているようです。特に10~20代では無症状感染が多く感染に気付かずにパートナーにうつしてしまっているようです。こちらでは女性に多い代表的な性病をご紹介していきたいと思います。

女性の性病~性病は何故分かりづらいのか

男性器が表に出ていることに対して、女性は収まっていることから性病の症状がでにくいという説もありますが、なぜ女性が特別症状が出にくいのかは、まだ詳しくわかっていません。よって女性は特別注意しなければなりません。不用意な性行為を避けることはもちろん、避妊の可能性も低減させる効果も同時に持つコンドームを着用しない男性とは性行為をしない強い意志を持つことが大切です。自分の身は自分で守ることが大切です。

特に淋病やクラミジアは女性がわかりにくい性病として有名です。症状がでにくいからこそ、そのまま放置してしまうことも多いです。そのようなことが起きると子宮内膜炎や卵管炎を引き起こし、最終的には骨盤や肝臓まで冒されてしまうこともあります。不妊はもちろん、長引く治療の必要もあります。性病は時に話のねたのように語られることがありますが、とても怖い病気です。症状が出ないからといって油断してはいけません。もし何らかの性行為を以前した経験を持つのであれば、早急に検査を受けることが大切です。ただし検査が受けにくい日本の事情もあります。

性病の検査は保険が適用されません。また検査によって発覚した場合、保険が適用されたり、されなかったり、クリニックによって対応は様々なことがあります。症状が出ている場合は、保険が適用されますが、それ以外は保険が適用されないことから大きな医療費が掛かる可能性があります。最近は自宅で受けることができる性病の検査キットがありますので、そのようなものを使うのもおすすめです。誰にもバレずに検査をすることができますので、特に女性には良い検査キットになります。心当たりがある性行為をした経験を持つ女性は、特に利用してほしい検査キットです。